実用新案法第一章

実用新案法(昭和三十四年法律第百二十三号)

Utility Model Act(Act No. 123 of 1959)

第一章総則 Chapter I General Provisions

第一条(目的)Article 1 (Purpose)

この法律は、物品の形状、構造又は組合せに係る考案の保護及び利用を図ることにより、その考案を奨励し、もつて産業の発達に寄与することを目的とする。

The purpose of this Act is to encourage devices by promoting the protection andthe utilization of devices relating to the shape or structure of an article orcombination of articles, and thereby to contribute to the development of industry.

第二条(定義) Article 2(Definitions)

1 この法律で「考案」とは、自然法則を利用した技術的思想の創作をいう。

(1) "Device" in this Act means the creation of technical ideas utilizing the Act ofnature.

2 この法律で「登録実用新案」とは、実用新案登録を受けている考案をいう。

(2) "Registered utility model" in this Act means a device for which a utility modelregistration has been granted.

3 この法律で考案について「実施」とは、考案に係る物品を製造し、使用し、譲渡し、貸し渡し、輸出し、若しくは輸入し、又はその譲渡若しくは貸渡しの申出(譲渡又は貸渡しのための展示を含む。以下同じ。)をする行為をいう。

(3) "Working" of a device in this Act means making, using, assigning, leasing,exporting, importing or offering for assignment or lease (including displaying forthe purpose of assignment or lease, the same shall apply hereinafter) an articlewhich embodies the device.

第二条の二(手続の補正) Article 2-2(Amendment procedures)

1 実用新案登録出願、請求その他実用新案登録に関する手続(以下単に「手続」という。)をした者は、事件が特許庁に係属している場合に限り、その補正をすることができる。ただし、実用新案登録出願の日から政令で定める期間を経過した後は、願書に添付した明細書、実用新案登録請求の範囲、図面又は要約書について補正をすることができない。

(1) A person undertaking procedures relating to a utility model registration(hereinafter simply referred to as "procedures")including filing an application fora utility model registration and a request before the Patent Office may makeamendments only while the case is pending; provided, however, that the personmay not amend the description, scope of claims, drawing(s) or the abstractattached to the application, after the expiration of the time limit prescribed by theCabinet Order from the filing date of the application for a utility modelregistration.

2 前項本文の規定により明細書、実用新案登録請求の範囲又は図面について補正をするときは、願書に最初に添付した明細書、実用新案登録請求の範囲又は図面に記載した事項の範囲内においてしなければならない。

(2) Any amendment of the description, scope of claims or drawings under the mainclause of paragraph (1) shall be made within the scope of the matters describedin the description, scope of claims or drawing(s) originally attached to theapplication.

3 第一項の規定にかかわらず、第十四条の二第一項の訂正に係る訂正書に添付した訂正した明細書、実用新案登録請求の範囲又は図面については、その補正をすることができない。

(3) Notwithstanding paragraph (1), the corrected description, scope of claims,drawing(s) or the abstract attached to the written request for correction underArticle 14-2(1) may not be amended.

4 特許庁長官は、次に掲げる場合は、相当の期間を指定して、手続の補正をすべきことを命ずることができる。

(4) The Commissioner of the Patent Office may order an amendment by theapplicant, designating an adequate time limit, in the following cases:

  • 一 手続が第二条の五第二項において準用する特許法(昭和三十四年法律第百二十一号)第七条第一項から第三項まで又は第九条の規定に違反しているとき。
  • (i) where the procedure does not comply with the requirements of paragraphs(1) to (3) of Article 7 or Article 9 of the Patent Act (Act No. 121 of 1959) asapplied mutatis mutandis pursuant to Article 2-5(2);
  • 二 手続がこの法律又はこの法律に基づく命令で定める方式に違反しているとき。
  • (ii) where the procedure does not comply with the formal requirementsprescribed by this Act or an order thereunder;
  • 三 手続について第三十二条第一項の規定により納付すべき登録料を納付しないとき。
  • (iii) where the fees relating to the procedure payable under Article 32(1) havenot been paid; and
  • 四 手続について第五十四条第一項又は第二項の規定により納付すべき手数料を納付しないとき。
  • (iv) where the fees relating to the procedure payable under Article 54(1) or (ii)have not been paid.

5 手続の補正(登録料及び手数料の納付を除く。)をするには、手続補正書を提出しなければならない。

(5) Any amendment, except in the case of the payment of registration fee or otherfees, shall be submitted in writing.

第二条の三(手続の却下)Article 2-3(Dismissal of procedures)

特許庁長官は、前条第四項、第六条の二又は第十四条の三の規定により手続の補正をすべきことを命じた者がこれらの規定により指定した期間内にその補正をしないときは、その手続を却下することができる。

The Commissioner of the Patent Office may dismiss the procedures where a personordered to make an amendment under Article 2-2(4), 6-2 or 14-3 fails to make suchamendment within the designated time limit under the said provisions.

第二条の四(法人でない社団等の手続をする能力)Article 2-4 (Capacity of associations, etc. which are not juridical persons toundertake procedures)

1 法人でない社団又は財団であつて、代表者又は管理人の定めがあるものは、その名において次に掲げる手続をすることができる。

(1) An association or foundation which is not a juridical person but for which arepresentative or an administrator has been designated may, in its name:

  • 一 第十二条第一項に規定する実用新案技術評価の請求をすること。
  • (i) file a request for Utility Model Technical Opinion under Article 12(1);
  • 二 審判を請求すること。
  • (ii) file a request for a trial; and
  • 三 審判の確定審決に対する再審を請求すること。
  • (iii) file a request for a retrial against a final and binding decision in a trial.

2 法人でない社団又は財団であつて、代表者又は管理人の定めがあるものは、その名において審判の確定審決に対する再審を請求されることができる。

(2) An association or foundation which is not a juridical person but for which arepresentative or an administrator has been designated may be named as aclaimant in a request filed for a retrial against a final and binding decision in atrial.

第二条の五(特許法の準用)Article 2-5(Mutatis mutandis application of Patent Act)

1 特許法第三条及び第五条の規定は、この法律に規定する期間及び期日に準用する。

(1) Articles 3 and 5 of the Patent Act shall apply mutatis mutandis to periods anddates provided for in this Act.2

特許法第七条から第九条まで、第十一条から第十六条まで及び第十八条の二から第二十四条までの規定は、手続に準用する。

(2) Articles 7 to 9, 11 to 16 and 18-2 to 24 of the Patent Act shall apply mutatismutandis to procedures.

3 特許法第二十五条の規定は、実用新案権その他実用新案登録に関する権利に準用する。

(3) Article 25 of the Patent Act shall apply mutatis mutandis to utility model rightsand other rights relating to utility model registrations.

4 特許法第二十六条の規定は、実用新案登録に準用する。

(4) Article 26 of the Patent Act shall apply mutatis mutandis to utility modelregistrations.